読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bullet proof soul / side-B

じつは防弾仕様になっておりません

あの子と黒猫

あの子はただ 終わりを待ってる 
その日二本目のタバコ 
火傷するくらい根元まで吸って 
これで最後にしようと自分に言う 
そしてため息をひとつ 

あの子はただ 知っててほしかった 
自分がばかじゃないって 
ほかの子みたいには振舞えないけれど 
それはあの子があの子だってこと 
何一つ忘れないよ 

あの子はいま ラジオをつけてる 
耳を押し付けノイズを味わう 
知らない国の知らない言葉による 
知らない音楽を見つけるソナーが 
あるいは嵐のしらせ 

あの子はもう 準備ができてる 
荷物はトランクにひとつ 
それから名前のない真っ黒な猫 
これで最後にしようと自分に言う 
そしてまたため息をひとつ