読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

bullet proof soul / side-B

じつは防弾仕様になっておりません

6月の無題

 

思い出せませんごめんなさい

貝殻みたいに閉じて眠りたいです

その時が来たらわかるでしょうか

最後の一人に残されませんように

まだ歩きなれてない靴でこんなにも歩いてしまった

道が合ってるかどうかなんて考えもしないで

むかし何かがあった空き地で途方に暮れていました

もういいんじゃないかなって

そんな気がしてふと見渡してみると

ここちよい広さと雑草の茂り具合まるで

わたしのために残されていたようなのです

ポケットに煙草は最後の一本で燐寸も最後の一本で

もちろん点けて吸いました

耳鳴りが晴れたような気持でした

ああ耳鳴りがしていたのでしたね忘れていました

もういいんじゃないかなって

自分で言ってみました自分の内側にね

煙草の煙のようにくるくると渦巻いて

子供時代が遠ざかるのを知りました

戻れないことが漸く理解できました

あれらはドライアイスで出来ていたので

放れながらそのまま気化してしまうのです

歩く必要がなくなったようです

ここがどこなのか知る必要がなくなったようです

ここで間違ってなかったみたいです

地べたに座ると草花に埋もれて小鳥の声が聞こえます

きょうも夜は来るのでしょういつもいつもそうだったように

まだ覚えている色々な欠片はそのまま化石になりますか

なくしかたがわからなくてね 必要なものは既にないのに

煙草の箱をポケットに潰して忘れたことを忘れてしまって

閉じかたを思い出します貝殻の閉じかた石の閉じかた

閉じてしまえば大丈夫なはずですたとえ今日が日曜日でも

遠く子供たちの声がします 

あれは私ではありませんあの中に私はいません

そう思うとちょっと笑える気がします

もういいんじゃないかな