bullet proof soul / side-B

じつは防弾仕様になっておりません

 豚たちの沈黙 / ジル・チャーチル 

豚たちの沈黙 (創元推理文庫)
ジェーン&シェリイのご近所にデリカテッセンが出来た。ところがオープニングパーティーの最中に奥の倉庫で、憎まれ者の弁護士が死んでいるのが発見される。迷惑な男だったけれど、殺すほど憎んでいたとなると・・・・いったい誰?!
今回はワタシ的にはイマイチでした。今までで一番場面の切り替わりが激しく感じて、事件に集中出来ずに話を追うだけで終わってしまいました。なぜかしら。登場人物が多い?結末が中途半端?それとも私自身のコンディション?うーん。長男マイクの卒業祝いを初めとして、事件以外の部分はかなり楽しめたのですけどね。謎解きの部分に魅力を感じませんでした。ちょっと残念。